NDI Hardware のよくある質問


全般:

PoE電源と付属の電源アダプタを同時に利用できますか?

NewTek Connect Spark PlusやPTZカメラはPoE電源と付属のアダプタを利用して電源供給ができます。

ただし、両方を同時に接続する必要はありません(同時に接続しておいても問題はありませんが)。冗長化のために同時に接続しておきたいと思われるかもしれませんが、電源回路は冗長化設計はされていません。

NDI映像データの流れについて

2つの NDIデバイスがネットワーク上でお互いを検出すると、ビデオを送信デバイスから受信デバイスに渡すことができるようになります。ビデオを圧縮した後、NDI送信デバイスは受信側のNDIデバイスにセッション(接続)を開きます。この時点で、IPアドレスとポート番号で構成される2つのエンドポイントが存在します。

NDIネットワークフレームは、エフェメラル(一時的に割り当てられる)ポートの範囲で送信するTCPパケットです。NDI を送信するデバイスが送信セッションを終了すると、ポートは再利用可能になりますが、ほとんどのIPスタックは、エフェメラルポートのプール全体が使用されるまでポート番号を再利用しません。これは、NDIエンドポイントのシャットダウンにより切断された場合に注意することが重要です。新しい接続には、ほとんどの場合、異なるポート番号が割り当てられます。

NDIで使用するポート範囲は49152~65535です。内部ネットワーク上にファイアウォールが配置されたネットワークでNDIデバイスを使用する場合は、このポート範囲のデバイス間のトラフィックを許可する設定が必要です。

NewTek VMC1やTC1、NC1 I/O本体がサポートする3G-SDIフォーマットについて

NewTek VMC1やTriCaster TC1、NC1 Studio I/Oモジュール本体に付属のSDIコネクタは、3G-SDIをサポートしていますが、Level-Bの信号を入力することはできません。

正常に映像信号の入力が確認できない場合には、各システムのSDIコネクタに接続している信号が、Level-Aで出力されているのかを確認してください。

 

ネットワークセグメントを越えるNDIの設定について

異なるネットワークセグメントとのNDI送受信を行うためには、TriCasterやNDI Toolsに含まれるNDI AccessManagerを利用します。

NDI AccessManagerを起動し、Remote Sourcesタブから別セグメントのIPアドレスを入力してください。(お使いのバージョンによって多少画面が違う場合があります)

Newボタンをクリックし、以下の登録画面からIPアドレスの入力後OKして登録されたのを確認します。NDI AccessManagerのウィンドウにあるOKボタンを押してIPアドレスの登録を完了します。

複数のIPアドレスを登録することも可能です。

PTZ1カメラのコントロールができません

NewTek PTZ1カメラについて、NDIの映像が確認できるにもかかわらず、NDIでのリモートコントロールができない場合、カメラ本体の設定を確認してください。

カメラ本体の底面にあるCAMERA ADDRESS SELECTORのチャンネルを0に設定してください。

PTZ1カメラはViscaコントロールできますか?

NewTek PTZ1カメラはSony Viscaコントロール(IP含め)はサポートしていません。

ただし、標準的なRS232での接続は可能です。

Spark本体からアナログオーディオが出力されません

Connect Spark本体のアナログオーディオ出力コネクタからは、本体にアナログ入力したオーディオがパススルーされます。

SDIやHDMIでエンベデッド入力された音声については、アナログ出力されません。

 

Connect SparkでNDIへ変換すると解像度が下がってしまいます

1080p/60fpsの信号をConnect Sparkに入力しても、出力されたNDI信号を確認すると720p/29.97fpsなどにダウンコンバートされてしまうような場合には、帯域設定が低くなっている可能性があります。

PCのブラウザからお使いのConnect Sparkの設定画面にログインし、Video Bandwithの設定をHighにしてお試しください。

BirdDog Studio NDIに接続できるカメラは?

BirdDog Studio NDIは一般的な映像信号が入力できるようになっています。特殊な解像度やフォーマットの映像は入力できません。

以下の解像度が出力できるカメラを接続してご利用ください。

1280x720p @ 50 or 59.94 fps
1920x1080i @ 50 or 59.94 fps
1920x1080p @ 50 or 59.94 fps

これらの信号であれば、HDMI、もしくはSDIで入力してNDIへ変換する事ができます。

Connect Sparkの出力を確認するには

NDI|HXドライバをお使いのTriCasterシステムやWindowsPCにインストールしてください。

TriCasterの入力ソースのメニューや、NDI|HXドライバと一緒にインストールされるStudio Monitorのソース選択メニューにSparkの名前が表示され、NDIの映像や音声が確認できるようになります。

 

TriCasterからPTZ1カメラをコントロールするには

- お使いのTriCasterにNDI|HXドライバがインストールされているか確認してください。
- TriCasterのHardware ConfigurationパネルのPTZタブを開きます。
- PTZ1カメラが接続されている入力チャンネルのConnection TypeをNDIに設定します。

NewTek PTZカメラのディップスイッチとダイヤル

NewTek PTZカメラの底には、「System Switch」というディップスイッチと、「Camera Address Selector」というダイヤルがあります。

基本的にはこれらの設定は、デフォルトの位置にしてご利用ください。変更するとPTZカメラの基本機能が利用できなくなる場合がありますのでご注意ください。

PTZ1カメラやSparkにログインするには

NewTek PTZ1カメラやSparkにログインするには、お使いのPCをPTZ1やSparkとネットワーク接続し、ウェブブラウザにお使いの製品のIPアドレスを入力してください。

ユーザー名とパスワードを入力するウィンドウが表示されます。

デフォルトのユーザー名とパスワードは、どちらも admin です。

DHCPサーバーがないような場合、ブラウザからアクセスするためのデフォルトのIPアドレスは、192.168.100.168 となっています。