4-Stripe コントロールパネル

IP Series | Video Mix Engine | 4-Stripe | Input Module 

特長機能スペック

4-Stripe コントロールパネル

4-stripe_cs_front

自由自在に操作環境をカスタマイズ

NewTek社IPシリーズ 『4-Stripe コントロールパネル』は、リアルタイム映像制作のオペレーションを可能とするVideo Mix Engine用のスイッチャーです。制作環境にあるシステム、デバイス、ソフトウェア、そしてビデオソースなどを制御するためのコマンド操作を、このコントロールパネルで簡単に操作することができます。

4-Stripe コントロールパネルは、Video Mix Engineとネットワーク接続することで、Video Mix Engineの機能を包括的に、かつ明確にコントロールすることができます。特徴の一つである4段構成のスイッチャーは、自由自在にソースを割り当てる事が可能で、人間工学に基づき設計された高品位なハードウェア構造となっているため、直感的な操作を提供し、確かなライプ番組制作を支援します。

4-Stripe コントロールパネルを自由自在に操ることができれば、過密なライブオペレーション作業中においても臨機応変に対応でき、プロフェッショナルな番組制作を行うことができます。

4-Stripe コントロールパネルを含むNewTek IPシリーズ製品は、インストレーションからインテグレーション、そしてプロダクションのワークフロー構築まで、まさに限りの無い可能性と機会をもたらします。

4stripecs_workflow

  • 割り当て可能な4段のスイッチャー(各段に72個のクロスポイント選択ボタン)
  • 自由自在に変更可能なスイッチャーソースラベルのLCD表示
  • LAN接続でVideo Mix Engineを制御
  • 直観的コントロール、精巧なハードウェア、および人間工学に基づくユーザーインターフェイス
  • 可変イルミネーションで4つのマルチモードTバーと、多用途で使用可能な2つの3軸ジョイスティック
  • 複数台のVideo Mix Engineの接続と制御をサポート

 

製品スペック

ストライプパネル ・ スイッチャー、M/E、PREVIZ、NDI ルーティング出力を個別に設定可能な4 つのストライプパネル
・ 動的にクロスポイントを表示可能なLCD ディスプレイ
・ バンク、レイヤー、キーアサインのサポート
・ マルチエンジンコントロールをサポート
クロスポイント ストライプごとに72 のクロスポイント(3 つのバンク x 24 ボタン)
合成 VMC1 ビデオミックスエンジンのCOMP ビンプリセットへダイレクトにアクセス可能
マクロ マクロモードとナンバーパットへユーザーが設定したマクロを割り当て、実行が可能
メディア プレーヤーの選択とコマンドを送るためのボタンセットを含む、2つのメディアプレーヤー用コントロールパッド
MEM VMC1ビデオミックスエンジンのスイッチャーやM/Eに直接アクセス可能
Tバー 4つのマルチモードTバー(各ストライプパネルに1つ付属)は、状態を動的にイルミネーションで表し、
バックグラウンドビデオレイヤーやキーレイヤーの操作をサポート
・ フェード
・ トランジション
・ フェードトゥブラック
・ LiveSetのズーム
ジョイスティック 2つのマルチモードジョイスティック(3軸操作可能)は、レイヤーやキーの割り当てとコントロールが可能
・ ポジション/スケール
・ ローテーション
・ クロップ
・ LiveSetバーチャルカメラコントロール
・ PTZカメラコントロール
・ メディアプレーヤーのシャトルコントロール
ネットワーク 1ギガビットネットワークインターフェースカード
筐体 25W PSU、VMC1 4S 専用ケース
107.2 x 54.0 x 15.6 cm、22.57 kg

※ 記載の内容は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。
※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。