Video Mix Engine

IP Series | Video Mix Engine | 4-Stripe | Input Module 

特長機能スペック

Video Mix Engine

video_mix_engine_front

これまでの制限を超えたライブスイッチング

NewTek社 IPシリーズ『 Video Mix Engine』は、相互接続可能なプロダクション・ワークフローの核となるシステムです。今日の制作現場を、品質、創造力、柔軟性、そして成果の観点において、新しいレベルへ引き上げます。ライブプロダクション テクノロジー業界を牽引するNewTek社によって開発されたVideo Mix Engineは、ワークフロー上すべてのシステム、デバイス、ソフトウェア、そしてビデオソースを束ね、卓越した機器構成とコントローラでビデオミキシング、合成、配信を提供します。

頭の中で思い描いたコンテンツ、創造力、ストーリーは、"テクノロジー"ではなく、作り手の想像力と創意工夫で生み出されます。Video Mix Engineは、制作者に対して、放送、演出、プレゼン、イベントといった様々なジャンルの映像制作における潜在力を高め、さらには、収益を生み出すコンテンツや投機的なプロダクション事業に対しても支援します。

Video Mix Engineを含むNewTek IPシリーズは、インストレーションからインテグレーション、そしてプロダクションのワークフロー構築まで、まさに限りの無い可能性と機会をもたらします。

SDI/IPの相互運用

ワークフローの段階的な移行または即時移行を促進し、将来も見据えたインフラ投資を可能とします。

スケーラブルな入出力

ソフトウェアによる設定と、拡張可能な入出力のオプションモジュールを組み合わせることで、入力ソースと出力チャンネルをユーザーのワークフローに合わせてカスタマイズすることができます。

映像制作・配信に必要不可欠なすべての機能を搭載

スイッチャー、マルチバスM/E、オーディオミキサー、メディア再生(DDR)、グラフィックス、データ、リアルタイムVFXなど映像制作・配信に必要なすべての機能を搭載し、包括的なターンキーとして提供します。

オートメーション・ワークフロー

ライブプロダクションのために効率の良いオペレーションを支援するマクロ自動機能のサポートにより、さまざまなインターフェイスで実行可能なオペレーションの組み合わせを記憶させ、ワンボタンで実行させることができます。

3G 1080pサポート

マルチフォーマット処理および最新の伝送規格をネイティブにサポートし、最適な画像品質とパフォーマンスを実現します。

統合されたマルチビューアー

マルチディスプレイ表示と作業画面設定のコントロール機能により、複数のモニターを単一のスクリーン、またはビデオウォールに伸縮自在に表示させることができます。

最大64チャンネルソースのスイッチング

videomixengine_workflow

      NDI対応の2Uラックマウント型筐体
      10ギガビットイーサネット x 2ポート + ギガビットイーサネット x 2ポート
      NewTek社ライブプロダクションテクノロジー搭載
      3G/HD/SD-SDI  x 4入出力
      デジタル、アナログ、ネットワークオーディオ
      M/Eビジョンミキサー x 8列 + PREVIZ(プレビズ)
      外部ビデオソース(SDI + NDI) x 44チャンネル
      メディアプレイヤー(内蔵ハードディスクレコーダー) x 4チャンネル
      アニメーションバッファー x 10チャンネル
      フレームバッファー x 5チャンネル
      クリッププレイヤー(静止画)x 55チャンネル
      外部オーディオ16チャンネル入力(ステレオ8Ch )
      PGM x 4出力 (SDI + NDI)
      ローカルSDIソース x 4出力 (NDI共有)
      メディアプレイヤー x 4出力 (NDI共有)
      静止画用フレームバッファ x15出力   (NDI共有)
      任意のソースからの動的ルーティング x 8出力 (NDI共有)
      8チャンネル ミックスオーディオ(ステレオ4Ch)
        マルチビューアー x 4出力(Displayport/DVI/HDMI)
      ストリームエンコーダー x 1出力
      ISOレコーディング x 4入力 (QuickTime)
      ソーシャルメディアへの出力

videomixengine_rearview

製品スペック

マクロ オペレーション手順を記録し、自動コマンドとして利用可能。さらに一度保存したマクロの編集も可能
設定したマクロを、コントロールパネル、キーボードキー、さらには、ホットスポット、MIDI、XKEYボタン、GPIトリガーへ割り当て可能
マクロに、音声、メディア再生、タリー、任意のスイッチャーのアクションなどのイベント情報や状態の変更を 含めることも可能
ウェブベースのインターフェイス上からのコントロールをサポート
ビデオ入力(ローカル) 4チャンネル入力。3G、HD-SDI、SD-SDI対応
ビデオ入力(ネットワーク) NDI™経由による44チャンネルIP入力。解像度非依存型、フィルとアルファ(キー)もサポート
PTZビデオ入力 8チャンネル PTZカメラ入力をサポート。シリアル、ネットワークプロトコル、RS232、RS422、IPコントロールをサポート
ビデオ出力(ローカル) 4チャンネル出力。3G、HD-SDI、SD-SDI
マルチビューワー出力 x 4系統
・ マルチビューワー用DVI出力 x 1系統
・ マルチビューワー用DVI出力 x 1系統
・ ディスプレイポート x 1系統
・ HDMI x 1系統
ネットワークビデオ出力 NDI経由による4チャンネルIPミックス出力
NDI経由による4チャンネルIPソース出力
NDI経由によるアルファーチャンネルサポートのメディアプレイヤー4チャンネル出力
NDI経由によるアルファーチャンネルサポートのバッファー15チャンネル出力
NDI経由によるIP内部ルーター8チャンネル出力
ライブストリーミング カスタマイズ可能なストリーミングビデオ出力。ストリーミングの同時アーカイブも可能
Mix/Effectバス(M/E) リエントリーも可能な8チャンネルのM/Eバス
・ 各バスごとに4ソースまで対応のM/Eチャンネル x 1系統
・ 各バスごとのキーレイヤー x 4系統
・ 各バスごとのメモリースロット x 9系統
・ PREVIZ設定とプレビューバス x 1系統
メディアプレイヤー 5つのメディアプレイヤー
・ DDR x 4
・ サウンド x 1
・ メディアバッファー x 15
・ アニメーションバッファー x 10
・ グラフィックバッファー x 5
・ クリッププレイヤー x 55 (機能によってはトランジションまたはメディアとしての利用可能)
DSK(ダウンストリームキー) 4つのDSKチャンネル
キーヤー すべてのソースとM/EバスにLiveMatte™ クロマ/ルマキーテクノロジーサポート
・ 入力キーヤー x 44チャンネル
・ メディアプレイヤー用キーヤー x 4チャンネル
・ M/E用キーヤー x 8チャンネル
・ バッファーレイヤー x 15チャンネル
COMPs(合成) スイッチャーと各M/Eバスに、レイヤー構成の作成、保存、適用、さらに、DVEスタイルの動きのあるプレゼンを演出する
COMPs(合成)機能の搭載
・ COMP(合成)プリセットを各バスに16個設定可能
バーチャルセット LiveSet™ テクノロジーによる30種類以上のライブバーチャルセットとボックスエフェクトを搭載
データーリンク DataLink™ テクノロジーにより、ウェブページ、スプレッドシート、スコアーボード、データーベース、RSSフィード、時計ファイル、XML、CSV、ASCIIなどの内部/外部ソースからのデーターをリアルタイム且つの自動入力を可能
レコーディング I soCorder™テクノロジーにより、マルチトラック、マルチフォーマットで5つまでの同時レコーディングが可能
・ 4チャンネルのQuickTime形式ビデオレコーディング(XDCAM HD互換、4:2:2エンコーディング、24ビットオーディオ)
・ H.264(複数のプロファイル設定あり)のビデオレコーダーを1つ搭載
・ MP3オーディオレコーダーを1つ搭載
※一般的なノンリニアアプリケーションで再生可能。QuickTimeプレーヤーのインストールは必要ありません
ストレージ ・ 3TBの内蔵ドライブを2基搭載
・ 保存時間はフォーマットや解像度、ファイルの設定に依存
・ USB3.0やSATA接続の外部ストレージをサポート
・ 共有ドライブやサードパーティ製ドライブをサポート
グラブ機能 入力映像ソースや出力ソースから、フル解像度でフィールド解除した静止画の取り込みが可能
エクスポート機能 ビデオや画像ファイルをソーシャルメディアやFTP、ローカルや外部接続のドライブ、ネットワークサーバ、トランスコーダへ出力が可能
オーディオミキシング 8チャンネルオーディオに対応したマルチチャンネルオーディオミキサーの内蔵。デジタルシグナルプロセッサとオーディオ入力のルーティング機能を搭載
オーディオ入力(ローカル) SDIエンベデッド4チャンネル
バランスXLRステレオペア(ラインレベル)1チャンネル
バランス1/4”ステレオペア(ラインレベル)3チャンネル
オーディオ出力(ローカル) SDIエンベデッド4チャンネル
バランスXLRステレオペア1チャンネル
バランス1/4”ステレオペア1チャンネル
バランス1/4”ステレオ(フォン)1チャンネル
オーディオ(ネットワーク) ・ NDI経由でのネットワークオーディオの入出力を標準サポート
・ NDI入出力のビデオ信号にオーディオのエンベデッドが可能
・ Audinate®社のDante™ネットワークプロトコルをサポート
※Danteバーチャルサウンドカードのライセンスが必要です
解像度 ・ 1080p 59.94, 1080p 50, 1080p 29.97, 1080p 25, 1080p 24, 1080p 23.98
・ 1080i 59.94, 1080i 50
・ 720p 59.94, 720p 50, 720p 29.97, 720p 25, 720p 24,
・ 720p 23.98
・ 576i 25
・ 480i 59.94
再生メディアフォーマット マルチメディアファイルのインポートと保存、再生が可能。トランスコーダー付属
・ Video: AVI, DV, DVCPro, DVCProHD, FLV, F4V, H.263, H.264, MOV, MKV, MJPEG, MPEG,
MP4, WMV, WebM, and more
・ Image: PSD, PNG, TGA, BMP, JPEG, JPEG-XR,
・ JPEG2000, EXR, RAW, TIF, WebP, and more•
・ Audio: AIFF, MP3, WAV, and more
モニタリング ワークスペースやビューポートのカスタマイズが可能なマルチビューワーを4つまでサポート
信号のモニタリング デジタルキャリブレーションとITU-R Rec.709をサポートしたカラープレビュー可能な、フルフィールド
対応の波形モニターとベクトルスコープを内蔵
処理 ビデオ: YCbCr + A 4:4:4:4
オーディオ: 96kHz
レイテンシ 1.0~1.5フレーム以内
A/V 規格 ・ SMPTE 424M (Level A) 準拠の3G-SDI
・ SMPTE 292M準拠のHD-SDI
・ SMPTE 259M と ITU-R BT.656準拠のSDビデオ
・ SMPTE RP-155準拠のアナログオーディオ
タリー ・ HD15ピンGPIコネクタを経由したハードウェアタリーと、NDI経由でのネットワークタリー、
Blackmagic Design® SDIタリーをサポート
ゲンロック SD(ブラックバースト)とHD(3値)のリファレンス信号をサポートしたゲンロック機能
GPI JLCooper Electronics eBox GPIインターフェイスを利用したGPI信号のサポート
MIDI サードパーティ製デバイスからのコントロールを可能とするMIDIプロトコルをサポート
システムドライブ 120GB SSD
NIC(ネットワークインターフェイスカード) 10ギガビットネットワークポート x2
1ギガビットネットワークポート x2
筐体 2RUラックマウント型筐体。400W PSU
48.3 x 8.9 x 49.7 cm( ラックマウント耳含む)、11.91kg

※ 記載の内容は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。
※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。