NewTek VMC1 コントロールパネル

NewTek VMC1 | Version 7 | VMC1 Control Panel | StudioI/O拡張モジュール | オプション | 機能比較 | 販売代理店 |


自由自在に操作環境をカスタマイズ

NewTek VMC コントロールパネルは、リアルタイム映像制作のオペレーションを可能とするVideo Mix Engine用のスイッチャーです。制作環境にあるシステム、デバイス、ソフトウェア、そしてビデオソースなどを制御するためのコマンド操作を、このコントロールパネルで簡単に操作することができます。

NewTek VMC コントロールパネルは、4段モデルの「4-Stripe コントロールパネル」と2段モデルの「2-Stripe コントロールパネル」の2種類のモデルで提供されます。

これらコントロールパネルは、人間工学に基づき高品位なハードウェア構造にて設計されているため、直感的な操作を提供し、確かなライプ番組制作を支援します。

NewTek VMC コントロールパネルは、いずれのモデルもVideo Mix Engineとネットワーク接続することで、Video Mix Engineの機能を包括的に、かつ明確にコントロールすることを可能とし、且つ、ユーザーの制作環境に合わせて自由自在にソースを割り当てる事が可能です。

NewTek VMC コントロールパネルを自由自在に操ることで、過密なライブオペレーション作業中においても臨機応変に対応でき、プロフェッショナルな番組制作を行うことができます。

NewTek VMC コントロールパネルを含むすべてのNewTek VMCシリーズを利用することで、インストレーションからインテグレーション、そしてプロダクションのワークフロー構築まで、まさに限りの無い可能性と機会をもたらします。


プロ仕様の設計

パフォーマンスとデザイン性に細心の注意を払って作り出されたNewTek VMC コントロールパネルは、経営者側が望むデザイン性に加え、オペレーターが必要とするライブ番組制作におけるほとんどの操作をコントールパネルだけで可能とする包括的な機能、そして、精密なコントロール、高品質のハードウェアメカニクス、人間工学的デザインが組み合わされた製品です。

機能面における特長

・作業環境に合わせてストライブごとにM/Eバスの割り当てが可能なコントロールパネルは、レスポンスの良さとマルチバスオペレーションを提供します。
・ダイナミックLCDラベルディスプレイのサポートにより直感的なマルチソースビデオミキシングを可能とします。また、各ストライブからVideo Mix Engineのすべてのクロスポイントにアクセスすることができます。
・可変イルミネーションをサポートするマルチモードTバーと、様々な用途として使用可能な3軸ジョイスティックのサポートにより、各機能を手動による直感的な操作で制御できます。
・クリップやサウンドなどのメディアや、COMPやMEMに登録されたループ映像やグラフィックスの切り替えや再生、マクロの実行などといったライブ・オペレーション中のアクセスを簡単操作で制御することができます。

主な機能

・割り当て可能な4段または2段スイッチャー(各段に72個/64個のクロスポイント選択ボタン)
・自由自在に変更可能なスイッチャーソースラベルのLCD表示
・LAN接続でVideo Mix Engineを制御
・直観的コントロール、精巧なハードウェア、および人間工学に基づくユーザーインターフェイス
・可変イルミネーションをサポートするマルチモードTバーと、多用途で使用可能な3軸ジョイスティック
・複数台のVideo Mix Engineの接続と制御をサポート