TriCaster® 2 Elite 製品仕様

製品仕様

TriCaster® 2 Elite

ビデオ入力

最大 32 系統の外部映像ソースの同時入力に対応。UHD 60fps (2160p 59.94) までのあらゆる解像度、映像ソースとの互換性、組み合わせをサポート

ネットワークビデオ入力

NDI を利用し、最大 32 系統の IP ビデオ入力に対応。フィルとキー信号をサポート

SDI ビデオ入力 1

8 系統の 3G/HD/SD-SDI 接続のビデオ入力をサポート。フォーマット、解像度、フレームレートはどの組み合わせでも利用可能 2

  • 1080p : 59.94, 50, 29.97, 25
  • 1080i : 59.94, 50
  • 720p : 59.94, 29.97, 25
  • 576i 50
  • 480i 59.94
  • 1 NewTek NC1 モジュール (別売入力オプション) の追加により、3G/HD/SD-SDI ビデオ入力、もしくは 4K UHD (Quad-Link 3G-SDI) を 32 系統まで拡張可能。
  • 2 使用可能なフレームレートは、セッションビデオ規格 (NTSC または PAL) によって異なります。

PTZ

最大 32 台のパン-ティルト-ズーム (PTZ) ロボットカメラの同時接続をサポート。RS232 や RS422、IP 経由などのシリアルまたはネットワークプロトコルを利用したコントロールとプリセット設定が可能

電話会議

Live Call Connect 機能を使用したソフトウェア統合により Microsoft Skype™ / Microsoft Teams™ / Zoom Meetings™ / GoToMeeting™ / Discord™ / Tencent™ から複数の同時ビデオ通話入力をサポート

ビデオ出力

最大 8 系統の HD または 2 系統の UHD ビデオミックス出力を設定可能。SDI と IP からも同時出力可能

ネットワークビデオ出力

NDI 経由で 48 系統の IP 出力 (HD および SD セッションのみ)

  • 最大 1080p 60fps (1080p 59.94) までのビデオミックス出力 × 8 系統、または最大 UHD 60fps (2160p 59.94) までのビデオミックス出力 × 2 系統
  • ローカル SDI 入力から変換した NDI 経由の IP ソース出力 × 8 系統、または最大 UHD 60fps (2160p 59.94) までのアップコンバートした出力 × 2 系統
  • NDI 経由のアルファチャンネル対応メディアプレイヤー出力 × 4 系統
  • NDI 経由のアルファチャンネル対応バッファ出力 × 15 系統
  • マルチビューワ出力 × 3 系統 (モニターが 3 台接続されている場合)。2 系統の 4K マルチビューワ出力と 1 系統の HD をサポート
  • マルチビューワ用ユーザーインターフェース × 1 系統
  • テレプロンプター出力 × 1 系統 (LiveStory™ Creator)
  • NDI 経由の IP 内部ルーター出力 × 8 系統

SDI ビデオ出力

8 系統の 3G/HD/SD-SDI 接続は、以下の設定が可能

  • 8 系統の独立した 3G/HD/SD ビデオミックス出力 3
  • または、3G-SDI クアッドリンク接続で 2 系統の最大 UHD 60fps (2160p 59.94) ビデオミックス出力
  • 3 使用可能なフレームレートは、セッションビデオ規格 (NTSCまたはPAL) によって異なります。

ストリーム出力

2 系統のストリーミング出力を個別の解像度にて出力可能。また同時ストリーム収録も可能。SRT ストリーミングが可能になりました

マルチビューワ出力

一般的なディスプレイ解像度で 4 系統のマルチビューワ出力が可能。4K 対応の DisplayPort 出力 × 2 系統

  • HDMI 出力 × 1 系統
  • DisplayPort 出力 × 3 系統

Mix/Effect バス (M/E)

  • リエントリー可能な M/E バス × 8 系統
    • M/E バス毎に 4 ソースまでのチャンネル設定が可能 × 1 系統
    • 各バス毎のキーレイヤー × 4 系統
    • 各バス毎のメモリースロット × 9 系統
  • PREVIZ 設定とプレビューバス × 1 系統

DSK (ダウンストリームキー)

  • DSK チャンネル × 4 系統

メディア

  • メディアプレーヤー × 合計 5 系統
    • DDR (デジタルディスクレコーダー) × 4 系統
    • Sound (サウンド) × 1 系統
  • メディアバッファ × 合計 15 個
    • アニメーションバッファ × 10 個
    • グラフィックバッファ × 5 個

キーヤー

すべてのソースと M/E バスに LiveMatte™ クロマ/ルマキーテクノロジーサポート

  • 入力キーヤー × 32 系統
  • メディアプレイヤー用キーヤー × 4 系統
  • M/E 用キーヤー × 8 系統
  • PREVIZ 用キーヤー × 1 系統
  • バッファレイヤー × 15 系統

COMPs (合成)

ビデオ合成用 (COMPs) エンジンがスイッチャーと各 M/E バスに搭載。レイヤー設定、作成、保存、さらに DVE スタイルのモーションシーケンスが可能

  • 各バス毎に設定可能なCOMP プリセット × 16 個

バーチャルセット

LiveSet™ テクノロジーによる 30 種類以上のバーチャルセットグループやボックスエフェクトを標準搭載

DataLink

DataLink™ テクノロジーにより、システム内部、もしくは外部からの入力データをリアルタイム、且つ自動的に反映可能。Web ページやスプレッドシート、スコアボード、データベース、RSS フィード、XML ファイル、CSV、ASCII コードなどのデータを利用可能

マクロ

ユーザーが設定した操作手順を記録、保存、編集して自動コマンド化

  • 設定したマクロを、コントロールパネル、キーボードキー、さらには、ホットスポット、MIDI、X-keys® ボタン、GPI トリガーへ割り当て可能
  • 音声、メディア再生、タリーや任意のスイッチャーアクションなど、イベント情報や状態の変更を含めることも可能
  • ウェブベースのインターフェースからのコントロールもサポート

レコーディング

最大 32 系統のビデオチャンネルを収録可能

  • 設定可能な M/E チャンネル HD × 8 系統 または UHD × 2 系統
  • SDI からのベースバンド入力 × 8 系統
  • DDR (デジタルディスクレコーダー) × 4系統
  • ストリーミングエンコーダー × 2 系統
  • DDR から再生されているファイルもサポート
  • 各入力にインスタントリプレイ機能を搭載
  • 合計 32 系統の入力を設定可能

ストレージ

4TB メディアストレージ (4 台の 1TB SSD 内蔵ドライブをストライピング)

  • 記録時間は、保存するフォーマットや解像度などファイルの仕様に依存
  • USB 3.2 type A × 7、USB 3.2 type C × 1、USB 2.0 2 (Gen2、Type A) × 1 接続で外部ドライブへの記録をサポート
  • サードパーティ製の共有ストレージソリューションが利用可能

グラブ

ビデオソースや出力信号から、フル解像度、デインターレースされた静止画像の取り込みが可能

エクスポート

ソーシャルメディア、FTP、ローカルや外部ボリューム、ネットワークサーバーへビデオやファイルをエクスポート可能、トランスコードオプションあり

オーディオ

  • 16 チャンネルのオーディオパススルー
  • 8 チャンネルオーディオに対応したマルチチャンネルオーディオミキサー、デジタルシグナルプロセッサ (DSP) と 4 × 8 × 8 オーディオ入力ルーティング機能

ローカルオーディオ入力

  • SDI エンベデッド × 8 系統
  • バランス XLR ステレオペア (ラインレベル) × 1 系統
  • バランス 1/4” ステレオペア (ラインレベル) × 3 系統

ローカルオーディオ出力

  • SDI エンベデッド × 8 系統
  • バランス XLR ステレオペア × 1 系統
  • バランス 1/4” ステレオペア × 1 系統
  • バランス 1/4” ステレオ (フォン) × 1 系統

ネットワークオーディオ

  • NDI 経由でのネットワークオーディオの入出力を標準サポート
  • NDI 入出力のビデオ信号にオーディオのエンベデッドが可能
  • Audinate® 社の Dante™ ネットワークプロトコルをサポート 5
  • WDM オーディオドライバ互換の AES67 をサポート6
  • 5 Dante を利用の場合、Audinate 社の Dante バーチャルサウンドカードのライセンスが必要
  • 6 AES67 を利用の場合、サードパーティ製のバーチャルサウンドカードのライセンスが必要

再生メディアフォーマット

マルチメディアファイルのインポートと保存、再生が可能。トランスコーダー付属

  • ビデオ: AVI, DV, DVCPro, DVCProHD, FLV, F4V, H.263, H.264, MOV, MKV, MJPEG, MPEG,
  • MP4, WMV, WebM, 他
  • 画像: PSD, PNG, TGA, BMP, JPEG, JPEG-XR, JPEG2000, EXR, RAW, TIF, WebP, 他
  • オーディオ: AIFF, MP3, WAV, 他

モニタリング

4 台までのマルチビューワディスプレイに対し、ワークスペースやビューポートの設定が可能。2 台の 4K マルチビューワに対応。その場合、残りの 2 台 は HD のマルチビューワ

信号のモニタリング

内蔵された波形モニターやベクトルスコープは、ITU-R Rec.709 をサポートし、デジタルのキャリブレーションやカラープレビューがフルフィールドレートで表示可能

プロセシング

  • ビデオ : フローティングポイント YCbCr +A 4:4:4:4
  • オーディオ : フローティングポイント 96kHz

スルーアウトレイテンシ

  • ~1.0-1.5 フレーム

映像・音声

  • UHD ビデオ : SMPTE 2036 準拠 (UHDTV1 スクエアディビジョンを使用)
  • 3G-SDI ビデオ : SMPTE 424M (Level A) 準拠
  • HD-SDI ビデオ : SMPTE 292M 準拠
  • SD ビデオ : SMPTE 259M、ITU-R BT.656 準拠
  • アナログオーディオレベル : SMPTE RP-155 準拠

タリー

ハードウェアの HD15 ピン GPI コネクタ、もしくは NDI 接続によるタリーサポート

ゲンロック

SD (Bi-level) もしくは HD (Tri-level) のリファレンス信号をサポート

GPI

JLCooper Electronics eBox GPI インターフェースを利用した GPI 信号をサポート

MIDI

サードパーティ製のデバイスで使用される一般的な MIDI プロトコルをサポート

システムドライブ

250GB SSD

NIC

  • 10 GbE NIC × 1系統
  • 1 GbE NIC × 1系統

ハードウェア 7

3RU ラックマウント型筐体、650W 二重化電源、積層型ハードウェア、フェイルセーフソフトウェア

  • サイズ (ラックマウント耳含む) : 48.3×13.34×49.7cm (19.0×5.25×19.57 インチ)
  • 重量:11.91kgs
  • 7 カッパーケーブルまたは光学 SFP が必要です

記載の内容は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

TriCaster® 2 Elite
TriCaster® 2 Elite