TriCaster Advanced Edition V2 インターフェイス

Advanced Edition V2概要 | AE2インターフェイス | AE2機能詳細


TriCaster Advanced Edition V2 ユーザーインターフェイス

TriCaster Advanced Editionソフトウェアを、TriCaster ProLine(8000/860/460/410)とTriCaster Miniの標準システム(Standard Edition)にアドオン(バージョンアップ)することで、NDI(ネットワークデバイスインターフェイス)テクノロジーによるIPワークフローのサポートをメインに、100種類以上のパワフルな機能追加や機能拡張が施され、より効率の良いオペレーション環境におけるライブ映像コンテンツ制作が可能となります。

データとの連動可能なリアルタイムグラフィックス、新しいIPワークフロー、高度な自動化オプション、マルチプラットフォームへのストリーム配信、プリセットによるSNSやWebへのパブリッシング、放送中のリプレイ再生機能、マルチメディアミックスの拡張、新コンテンツ素材の追加などと言った様々なTriCaster Advanced Editionによって追加される最先端のテクノロジーを駆使することで、日々の映像コンテンツ制作をよりパワフルに演出することができます。


1. エクスポート
SNSやWebへの配信用の機能として、ライブ中においてもFTPサイト、ローカルまたは外部ボリューム、ネットワークサーバーへ、メディアのパブリッシュと共有が可能となります。また、TriCasterのユーザーインターフェイスからアーカイブやポストプロダクション用途として収録中の画像をフォーマット変換し、ローカルまたはネットワーク上のストレージへ変換したファイルをエクスポートさせることができます。

2. リプレイパッド
Replay Pad(リプレイパッド)は、ダッシュボード上のRECORD(レコード)ボタンの右側に表示されるボタンです。

レコーディング中に、ダッシュボードのリプレイパッドボタン(またはキーボードのナンバーパッドキー)をワンクリックすることで、Action(アクション)メニューにてあらかじめ設定したターゲット(DDR)に、それらボタンの数字に対応するチャンネルの収録映像が自動的に追加され、DDRから即座にリプレイ再生することができます。
3. 外部入力ソースのモニタリング
オペレーション作業をより効率良く、正確に行えるように、TriCasterに外部から入力されるすべての映像を、ユーザーインターフェイス上の任意のモニターに割り当て確認することができます。また、スイッチャーのプログラム列やプレビュー列にどのモニターのソースが選択されているかをインターフェイス上においても視覚的にわかり易くするために、タリーインジケータとして、プログラム列に使用されるソースに関連するすべてのモニターは”赤色”、プレビュー列に使用されているソースに関連するすべてのモニターは”緑色”で表示されます。たとえば、プログラム列にM/Eチャンネルが選択されている場合、そのM/Eチャンネル上で使用されている各ソースのモニターにも赤いタリーインジケータが表示されます。

また、これらモニターの表示サイズはマウスを使って簡単に変更することができます。また、ユーザーインターフェイス全体レイアウトを選択するだけで簡単に変更ことができるプリセットもいくつか追加されます。

4. IPワークフロー
NewTek社独自のNDIテクノロジーをサポートし、様々な場所に設置されているネットワーク上の様々なNDI互換システムやデバイスのビデオソースにアクセスできるようになります。さらに、スイッチャーのネットワーク外部入力ソースは、どのTriCasterシリーズのモデルにおいても4チャンネル増設され、また、すべての外部入力チャンネルに任意のNDIソースを割り当てることができます。

・TriCaster 8000/860は合計12チャンネル(全チャンネルSDIとNDI入力ソースの併用可能)
・TriCaster 460/410/Mini-SDI/Mini-HDMI)は合計8チャンネル(全チャンネルSDIとNDI入力ソースの併用可能)


5. DataLink
ウェブページや表計算、スコアボード、データベース、RSSフィードを含め、TriCaster内外から取得されるリアルタイムに更新されるデータを利用し、グラフィックタイトルを生成して表示させることができます。

>

6. PREVIZバス
M/Eの設定を予め用意するためのプレビューバスが用意されました。このPREVIZ機能を利用することで、出力映像に影響を与えることの無いバス上で、スイッチャーやM/Eの設定、およびプレビューができ、その後、ライブ出力、または、設定した状態を複数のバスに対してコピーアンドペーストして適用させることができます。
7. M/E(ミックス/エフェクト) レイヤー
TriCaster 860および460のM/E合成とバーチャルセットの選択数が2倍に増え、各M/Eに対して最大4つのソースによるビデオレイヤー合成をサポートします。
※TriCaster 410/Mini-SDI/Mini-HDMIは、最大2つのソースによるビデオレイヤー合成のサポートとなります。

8. M/E(ミックス/エフェクト)のリエントリ
TriCaster 860/460にAdvanced Editionをアドオンすることで、M/Eのリエントリ(再入れ込み)が可能となります。これにより、M/Eバスのソースとして、別のM/Eバスを選択することができるようになり、より多くのレイヤーを利用した複雑な合成が設定できるようになります。
※備考:M/Eのリエントリ機能はTriCaster 8000で標準サポートしています。また、TriCaster 410/Mini-SDI/Mini-HDMIはこの機能はサポートしていません。
9. DSKとキーによるオーバーレイ
TriCaster 860/460(TriCaster 8000は標準機能)は、スイッチャーにDSK(ダウンストリームキーヤー)を4つ、各M/Eバスには独立したキーレイヤーを4つ、また、TriCaster 410/Mini-SDI/Mini-HDMIは、スイッチャーにDSK(ダウンストリームキーヤー)を2つ、各M/Eバスには独立したキーレイヤーを1つを設定することができます。
これら複数サポートされるDSKとキーチャンネルを駆使することで、更に多くのタイトル、グラフィックス、バッファ上に登録したアニメーション、ピクチャーインピクチャーといった様々なエフェクトなどを背景映像上に重ねた演出を行うことができます。

10. スイッチャーのソース列のバンク
スイッチャーのインターフェイスのボタンから、すべての外部入力ソース、DDRや16個のメモリースロットなどの内部ソース、バッファ、M/Eバスにアクセスできるよう、それぞれのスイッチャーのボタンが2つのBANK(バンク)に割り当てられ、切り替え表示することができます。

11. ビデオレイヤー・マネージメント
DSKやKEYレイヤーに優先順位を変更するためのPriority(プライオリティ)オプションが追加され、BKGDレイヤー上に合成された複数のDSKレイヤーの順番を柔軟にコントロールすることができます。
12. プレイリストのエフェクト
プレイリスト上の映像クリップ、静止画などのメディアアイテム間にトランジションを追加し、更には、クリップごとにスローモーション/早回しといった再生スピードの設定をリアルタイムに確認し、それらをすべての組み合わせによるハイライトシーンや、静止画によるダイナミックなスライドショーなどを作成することができます。

13. メディアプレーヤーのコントロール
TriCasterシステムのハードディスクに保存されている映像クリップ、静止画、サウンドなどのメディア素材をプレイリスト上でより簡単かつ効率的に管理し、再生できるようになります。各メディア素材の表示名称の変更やコメントの入力、イン点とアウト点を設定するボタンを利用してリアルタイムに映像を確認しながら各クリップの尺の変更、更に、キャプチャー中のクリップを使ってタイムシフト(現在の映像を時間を遅らせて再生)を演出することができます。

14. Show Onオプション
番組中に放送されているプログラム出力やM/E上に、クリップを自動再生させたり、任意のタイミングでクリップの再生開始など、シームレスな演出が可能となります。また、このShow Onオプションから再生されるクリップにトランジションを設定したり、ライブの映像に自動的に戻すといった設定も可能です。

15. アニメーションバッファ
DDRに保存したアニメーション、モーショングラフィックス、ループ映像をアニメーションバッファにあらかじめ割り当て、フルモーションの映像ソースとして即座に再生することができます。TriCaster 410やMiniは15個のバッファの内5個、TriCaster 860と460は15個のバッファの内10個がアニメーションバッファとして利用することができます。

16. フルモーション合成エンジン
フルモーション合成エンジンのサポートにより、独自に設定したDVEスタイルのモーションやアニメーションエフェクトなどのフルモーション映像をライブ用の演出素材として使用することができます。さらに、COMPS(合成)機能のサポートにより、ポジショニング、キーフレーム、エフェクトなどを組み合わせたDVEスタイルのモーション(以下の映像を参照)を最大16個までCOMPS(合成)のプリセットとして任意のサムネール画像を付けて保存し、それら複数のプリセットをCOMPSインターフェイス上で切り替えて出力させることができます。

17. 拡張されたリアリティ KEY レイヤー
拡張されたLiveSetテクノロジーを利用することで、カメラアングル、リアルタイムの反射、鏡面ハイライト、アニメーションレンズフレアなどの機能をサポートした様々な種類のバーチャルスタジオにライブビデオソースを合成することができます。また、バーチャルセット内でKEYレイヤーをロックしておくためのオプションが追加され、LiveSetのズームやパンの動きにKEYレイヤーの映像を追従させることを可能とします。

>
18. Audio Mixer インターフェース
拡張されたオーディオミキサーのインターフェースにより、音声の調整やモニタリングがより細かく行えるようになりました。表示されるフェーダーやVUメーターのグラデーションの改良や、オーディオクリッピングの警告表示などの機能が追加されています。

19. コントロールサーフェイスのボタンのロック機能
放送中の操作ミス防止の対策として、TriCasterのコントロールサーフェイスの任意のボタンにロックかけ、それらボタンを間違って押したとして実行されないように設定することができます。

 


TriCaster Advanced Edition