TriCaster Advanced Edition インターフェイス

Advanced Edition概要 | インターフェイス | 新機能詳細


TriCaster Advanced Edition ユーザーインターフェイス

TriCaster Advanced Editionソフトウェアを、TriCaster ProLine(8000/860/460/410)とTriCaster Miniの標準システム(Standard Edition)にアドオン(バージョンアップ)することで、NDI(ネットワークデバイスインターフェイス)テクノロジーによるIPワークフローのサポートをメインに、100種類以上のパワフルな機能追加や機能拡張が施され、より効率の良いオペレーション環境におけるライブ映像コンテンツ制作が可能となります。

データとの連動可能なリアルタイムグラフィックス、新しいIPワークフロー、高度な自動化オプション、マルチプラットフォームへのストリーム配信、プリセットによるSNSやWebへのパブリッシング、放送中のリプレイ再生機能、マルチメディアミックスの拡張、新コンテンツ素材の追加などと言った様々なTriCaster Advanced Editionによって追加される最先端のテクノロジーを駆使することで、日々の映像コンテンツ制作をよりパワフルに演出することができます。


1. エクスポート
2. リプレイパッド
3. 外部入力ソースのモニタリング
4. IPワークフロー
5. DataLink
6. PREVIZバス
7. M/E(ミックス/エフェクト) レイヤー
8. M/E(ミックス/エフェクト)のリエントリ
9. DSKとキーによるオーバーレイ
10. スイッチャーのソース列のバンク
11. ビデオレイヤー・マネージメント
12. プレイリストのエフェクト
13. メディアプレーヤーのコントロール
14. Show Onオプション
15. アニメーションバッファ
16. フルモーション合成エンジン
17. 拡張されたリアリティ KEY レイヤー
18. Audio Mixer インターフェース
19. コントロールサーフェイスのボタンのロック機能

 


TriCaster Advanced Edition