NDI Hardware のよくある質問


全般 :

Spark Plus I/OはNDI|HXのデコードができますか?

いいえ。
Spark Plus IOがデコードできるのは、High Bandwith NDI(ネイティブNDI)のみだけです。
NDI|HXのデコードは行うことができませんのでご注意ください。

 

現在使用している製品とソフトウェアのNDI|HXバージョンは?

現在お使いのソフトウェアがサポートしているNDI|HXのバージョンについて下記をご参照ください。

NewTek Software Revision NDI HX バージョン
Standard Edition, Build 2-6 HX1
Advanced Edition Version 2,  Build 5-1 HX1
Advanced Edition Version 3,  Build 7-3 HX1 and HX2
Build 7-4 and above HX1 and HX2
Build 7-0 HX1
3P1 and 3P2 HX1 and HX2
3Play440/4800, Build 3-1 HX1
Talkshow VS400 HX1 and HX2
NC1 IO HX1 and HX2
PTZ1 HX1
PTZ UHD HX2
PTZ2 with system on Build 7-0 and above HX2
Connect Spark HDMI and SDI (antenna) HX1
Spark Plus 4K HX2
Spark Plus IO and IO SDI HX2
Spark Plus IO 12G SDI HX2

現在使用している製品とソフトウェアのNDIバージョンは?

製品 NDI対応バージョン
TriCaster 2 Elite
Rev 7-7 5.x
Rev 7-5 以前 4.x
 
TriCaster TC1/410 Plus/ Mini 4K
Rev 7-7 5.x
Rev 7-1 から 7-5 4.x
Rev 7-0 以前 3.x
 
NewTek VMC1
Rev 7-7 5.x
Rev 7-1 から 7-5 4.x
Rev 7-0 a以前 3.x
 
TriCaster 8000/860/460/410/Mini
AE3 (Rev 7-3) 4.x
AE2 (Rev 5-1) 3.x
AE1 (Rev 3) 2.x
Standard Edition (Rev 2) 3.x
 
3PLAY 3P2
Rev 7-6 5.x
 
3PLAY 3P1
Rev 210211 以降 4.x
Rev 190619 以前 3.x
 
3PLAY 440/4800
Rev 190319 3.x
 
3PLAY 425
Rev 1-5-181220 3.x
 
TalkShow VS4000/VS100
Rev 2-0-200521 4.x
 
Connect NC2IO
Rev 7-7-211105 5.x
 
Connect NC1IO
Rev 210429 4.x
Connect Pro
Rev 20428 4.x
 
MediaDS
Rev 200903 4.x
 
LiveText
V3.24 4.x
 
IsoCorder Pro
Rev 190103 3.x
 
Telestrator
Rev 170913 3.x
 
Spark Plus 4K, IO HDMI 4K, 3G-SDI, 12G-SDI
Firmware 0181 から 0203 4.x
Spark Pro
Firmware 1.1.6.3 3.x
 

 

 

Device HX Version
PTZ1 Camera HX1*
PTZ2 Camera HX2**
PTZUHD Camera HX2**
 
Spark HDMI HX1*
Spark SDI HX1*

 

* NDI-HX1 機器は NDI 3.x 以降対応が必要

** NDI-HX2 機器は NDI 4.x 以降対応が必要

PTZ OpticsカメラのNDIビデオ設定

NewTekソフトウェアでPTZ Optics NDIカメラのソース名が表示されているにもかかわらず、ビデオ入力に黒の出力しか表示されない場合は、カメラ内の以下の設定を確認してください。

解決方法:

カメラのIPアドレスを使って、ウェブブラウザから設定用インターフェースにアクセスしてください。 PTZ Optics カメラのデフォルト IP アドレスは通常 http://192.168.100.88 です。

左側のメニューで「ネットワーク」を選択します。そのページで以下の変更を行います。

1. RTMP(s) Settings > First stream MRL = Off

2. RTMP(s) Settings > First Stream MRL = Off

3. RTSP Settings > RTSP Auth = Off

映像出力を確認するには、カメラとNDIアプリケーションの再起動が必要な場合があります。

 

4Kp60フォーマット用NewTek PTZ UHD HEVC コーデック

NewTek PTZUHDカメラの4K UHDのNDI出力はHEVC(H.265コーデック)です。 PTZUHDカメラのHD NDI出力ではすべてH.264です。 ソフトウェアバージョン7-3以降のVMCやTriCasterなどのNewTekシステムでは、HEVCがサポートされています。

Windowsシステムをお使いのお客様は、Microsoft App StoreからHEVCライセンスを購入することで、Studio Monitorで4Kp60および4Kp50フォーマットを表示することができます。 現行のMAC OSシステムには、HEVCエンコーダーのインストーラーがあります。

このトピックに関連する詳細情報については、https://www.ndi.tv/formats/ をご覧ください。

PTZ UHD 消費電力について

PTZ-UHDの動作には25.5Wの電力が必要です。Power over Ethernet(PoE+)IEEE 802.3atまたは付属の電源モジュールを使用することで動作させることができます。

 

NC2 Studio I/Oの入出力はどのような設定ができますか?

NC2 Studio I/OのSDI入出力は以下のような組み合わせが設定可能です。

8 In

8 In (3G)
2 In (12G) 4 In (3G)
1 In (12G) 6 In (3G)

 

7 In / 1 Out

7 In (3G) 1 Out (3G)
1 In (12G) 5 In (3G) 1 Out (3G)
2 In (12G) 3 In (3G) 1 Out (3G)

 

6 In / 2 Out

6 In (3G) 2 Out (3G)
1 In (12G) 4 In (3G) 2 Out (3G)
2 In (12G) 2 In (3G) 2 Out (3G)

 

5 In / 3 Out

5 In (3G) 3 Out (3G)
1 In (12G) 3 In (3G) 3 Out (3G)

 

4 In / 4 Out

4 In (3G) 4 Out (3G)
4 In (3G) 1 Out (12G) 2 Out (3G)
1 In (12G) 2 In (3G) 4 Out (3G)
1 In (12G) 2 In (3G) 1 Out (12G) 2 Out (3G)

 

3 In / 5 Out

3 In (3G) 5 Out (3G)
3 In (3G) 1 Out (12G) 3 Out (3G)
1 In (12G) 1 In (3G) 5 Out (3G)
1 In (12G) 1 In (3G) 1 Out (12G) 3 Out (3G)

 

2 In / 6 Out

2 In (3G) 6 Out (3G)
2 In (12G) 1 Out (12G) 4 Out (3G)
1 In (12G) 6 Out (3G)

 

1 In / 7 Out

1 In (3G) 7 Out (3G)
1 In (3G) 1 Out (12G) 5 Out (3G)
2 In (12G) 1 Out (3G) 4 Out (3G)

 

8 Out

8 Out (3G)
2 Out (12G) 4 Out (3G)
1 Out (12G) 6 Out (3G)

※上記仕様は予告なく変更される場合がございます。

Spark Plusを利用して送信した画面がクロップされてしまう

PCの画面解像度とリフレッシュレートについて、Sparkコンバータが対応しているものになっているかをご確認ください。

Spark Plusに接続してNDIに変換しようとしているPC画面の解像度を1920x1080に設定し、リフレッシュレートを60ヘルツにしてお試しください。

PCによっては、外部出力モニターのリフレッシュレート等が画面複製だと個別に設定できないものもあります。
そのような場合には、マルチモニターの設定を拡張にして設定してください。

NDI と SMPTE ST 2110 との互換性はありますか?

NDI と SMPTE ST2110 を変換するための機器として「NewTek NC1 Studio I/O IP モジュール」がございます。こちらを利用することにより、NDI と SMPTE ST2110 を相互変換して送受信することが可能となります。

MacOS上のZoomでNDI Virtual Inputを使用するには

MacOSでNDI Virtual Input with Zoomを利用するには、MacOSデバイスにNDI Tools for MacとNDI HX Driverがインストールされている必要があります。

NDI Toolsダウンロード: https://ndi.tv/tools/


NDIの信号が正常に送受信できない場合:

  • アンチウイルスがデバイス上でアクティブに実行され、スキャンされている。 一部の環境ではアンチウイルスのスキャンが不可欠であるため、テストのためにアンチウイルスを一時的に無効にすることをお勧めします。
  • ファイアウォールがポートをブロックしている。 ファイアウォールをオフにすることをお勧めします。
  • NDI対応デバイスと同じLAN(ローカルエリアネットワーク)にZoom用のPCが接続されている必要があります。

まず、お使いの端末でNDI Virtual Inputが起動していることを確認してください。NDI Virtual Inputが起動していれば、メニューバーにNDIのマークが表示されます。

次に、ズーム設定(歯車をクリック)で、「ビデオ」タブをクリックし、「カメラ」が「NDI Video」に設定されていることを確認します。

メニューバーのNDI Virtual Inputアイコンに戻り、NDIソースが選択されていることを確認します。

NDIソースを選択すると、そのソースデバイスからの出力がカメラテストウィンドウに表示されます。

※Zoomのオーディオでも同じことができます。NDIはビデオとオーディオを一緒に送信します。Zoomでは、「マイク」の下にある「NDI Audio」というオーディオ入力を使用することができます。

NDI対応PTZカメラの接続方法を知りたい

 

こちらのビデオをご参照ください:

PTZ UHD Cameraの接続・操作方法 (日本語字幕付きYouTube)

動画では、NewTekの4K対応 NDIベース PTZカメラ
「PTZ UHD Camera」の特徴と接続方法を紹介しています。
TriCaster Mini 4KにPTZカメラの映像を取り込み、
カメラポジションのプリセットの登録方法やカメラ操作、
管理ページでの詳細設定などを説明しています。

PTZUHDカメラから出力されるNDI|HXのビットレートは?

出力解像度とビットレート、NDI|HX圧縮方式の一覧をご参照ください。

3840 x 2160 59.94fps HEVC 32Mbps
3840 x 2160 50fps HEVC 27Mbps
3840 x 2160 29.97fps H264 21Mbps
3840 x 2160 25fps H264 19Mbps
1920 x 1080 59.94fps H264 16Mbps
1920 x 1080 50fps H264 14Mbps
1920 x 1080 29.97fps H264 11Mbps
1920 x 1080 25fps H264 10Mbps
1280 x 720 59.94fps H264 10Mbps
1280 x 720 50fps H264 9Mbps

 

PoE電源と付属の電源アダプタを同時に利用できますか?

NewTek Connect Spark PlusやPTZカメラはPoE電源と付属のアダプタを利用して電源供給ができます。

ただし、両方を同時に接続する必要はありません(同時に接続しておいても問題はありませんが)。冗長化のために同時に接続しておきたいと思われるかもしれませんが、電源回路は冗長化設計はされていません。

NDI映像データの流れについて

2つの NDIデバイスがネットワーク上でお互いを検出すると、ビデオを送信デバイスから受信デバイスに渡すことができるようになります。ビデオを圧縮した後、NDI送信デバイスは受信側のNDIデバイスにセッション(接続)を開きます。この時点で、IPアドレスとポート番号で構成される2つのエンドポイントが存在します。

NDIネットワークフレームは、エフェメラル(一時的に割り当てられる)ポートの範囲で送信するTCPパケットです。NDI を送信するデバイスが送信セッションを終了すると、ポートは再利用可能になりますが、ほとんどのIPスタックは、エフェメラルポートのプール全体が使用されるまでポート番号を再利用しません。これは、NDIエンドポイントのシャットダウンにより切断された場合に注意することが重要です。新しい接続には、ほとんどの場合、異なるポート番号が割り当てられます。

NDIで使用するポート範囲は49152~65535です。内部ネットワーク上にファイアウォールが配置されたネットワークでNDIデバイスを使用する場合は、このポート範囲のデバイス間のトラフィックを許可する設定が必要です。

NewTek VMC1やTC1、NC1 I/O本体がサポートする3G-SDIフォーマットについて

NewTek VMC1やTriCaster TC1、NC1 Studio I/Oモジュール本体に付属のSDIコネクタは、3G-SDIをサポートしていますが、Level-Bの信号を入力することはできません。

正常に映像信号の入力が確認できない場合には、各システムのSDIコネクタに接続している信号が、Level-Aで出力されているのかを確認してください。

 

ネットワークセグメントを越えるNDIの設定について

異なるネットワークセグメントとのNDI送受信を行うためには、TriCasterやNDI Toolsに含まれるNDI AccessManagerを利用します。

NDI AccessManagerを起動し、Remote Sourcesタブから別セグメントのIPアドレスを入力してください。(お使いのバージョンによって多少画面が違う場合があります)

Newボタンをクリックし、以下の登録画面からIPアドレスの入力後OKして登録されたのを確認します。NDI AccessManagerのウィンドウにあるOKボタンを押してIPアドレスの登録を完了します。

複数のIPアドレスを登録することも可能です。

PTZ1カメラのコントロールができません

NewTek PTZ1カメラについて、NDIの映像が確認できるにもかかわらず、NDIでのリモートコントロールができない場合、カメラ本体の設定を確認してください。

カメラ本体の底面にあるCAMERA ADDRESS SELECTORのチャンネルを0に設定してください。

NewTek VMC1/TriCasaterシステムのネットワーク設定について

NewTek社VMC1製品、およびTriCaster製品のコントローラをネットワーク接続して利用する場合のネットワーク環境やスイッチに関連する推奨設定を以下に記載しています。

■ネットワークスイッチについて

・ネットワークスイッチのポートはすべてギガビットイーサネットになっていること。ギガビットネットワーク以上の環境を推奨します。
・ネットワークスイッチのバックプレーン(帯域)がフルスルーアウトできる容量をサポートしていること(容量 = ポート数 X スピード X 2)
・DHCPの接続環境であること
・コントローラ(4-Stripe/2-Stripe/TC1LP)を接続するポートの速度は100Mbpsに固定し、Auto NegotiationをOFFに
・1Gbpsや10Gbpsのポートについては、スピードをAUTOではなく固定にし、Auto NegotiationをOFFに
・本体のメモリ(System Memory - RAM)の他に、ポートごとにパケットバッファメモリ(Packet Buffer Memory)を持つモデルを推奨

■スイッチの設定と管理について

・QoS - 無効
・ジャンボフレーム(Jumbo Frame) - 無効
・フローコントロール(Flow Control) - 有効(オン)
・IGMP Snooping - 有効
・Energy Efficient Ethernet (EEE) 設定やパワーセーブ機能はオフに設定

■ケーブルについて

・適切な接続方法で使用し、長さの制限を越えないように接続
・CAT5e以上のケーブルの利用

■その他の注意事項

・NewTek NDIを利用したライブプロダクション、作業中には、そのネットワーク環境中でデータのコピーやダウンロードは行わないことをお勧めします。
・ネットワーク中にPCを接続し、NDIの信号を送受信する場合には、PCのネットワークアダプタのリンク速度をオートネゴシエーションではなく1Gbpsに固定して接続してください。
・NDIを利用するPCのネットワーク設定は、パブリックではなくプライベートネットワークに設定してください。

※ネットワークスイッチのご購入前に、その仕様やスペックをよくご確認ください。

 

PTZ1カメラはViscaコントロールできますか?

NewTek PTZ1カメラはSony Viscaコントロール(IP含め)はサポートしていません。

ただし、標準的なRS232での接続は可能です。

Spark本体からアナログオーディオが出力されません

Connect Spark本体のアナログオーディオ出力コネクタからは、本体にアナログ入力したオーディオがパススルーされます。

SDIやHDMIでエンベデッド入力された音声については、アナログ出力されません。

 

Connect SparkでNDIへ変換すると解像度が下がってしまいます

1080p/60fpsの信号をConnect Sparkに入力しても、出力されたNDI信号を確認すると720p/29.97fpsなどにダウンコンバートされてしまうような場合には、帯域設定が低くなっている可能性があります。

PCのブラウザからお使いのConnect Sparkの設定画面にログインし、Video Bandwithの設定をHighにしてお試しください。

BirdDog Studio NDIに接続できるカメラは?

BirdDog Studio NDIは一般的な映像信号が入力できるようになっています。特殊な解像度やフォーマットの映像は入力できません。

以下の解像度が出力できるカメラを接続してご利用ください。

1280x720p @ 50 or 59.94 fps
1920x1080i @ 50 or 59.94 fps
1920x1080p @ 50 or 59.94 fps

これらの信号であれば、HDMI、もしくはSDIで入力してNDIへ変換する事ができます。

Connect Sparkの出力を確認するには

NDI|HXドライバをお使いのTriCasterシステムやWindowsPCにインストールしてください。

TriCasterの入力ソースのメニューや、NDI|HXドライバと一緒にインストールされるStudio Monitorのソース選択メニューにSparkの名前が表示され、NDIの映像や音声が確認できるようになります。

 

TriCasterからPTZ1カメラをコントロールするには

- お使いのTriCasterにNDI|HXドライバがインストールされているか確認してください。
- TriCasterのHardware ConfigurationパネルのPTZタブを開きます。
- PTZ1カメラが接続されている入力チャンネルのConnection TypeをNDIに設定します。

NewTek PTZカメラのディップスイッチとダイヤル

NewTek PTZカメラの底には、「System Switch」というディップスイッチと、「Camera Address Selector」というダイヤルがあります。

基本的にはこれらの設定は、デフォルトの位置にしてご利用ください。変更するとPTZカメラの基本機能が利用できなくなる場合がありますのでご注意ください。

PTZ1カメラやSparkにログインするには

NewTek PTZ1カメラやSparkにログインするには、お使いのPCをPTZ1やSparkとネットワーク接続し、ウェブブラウザにお使いの製品のIPアドレスを入力してください。

ユーザー名とパスワードを入力するウィンドウが表示されます。

デフォルトのユーザー名とパスワードは、どちらも admin です。

DHCPサーバーがないような場合、ブラウザからアクセスするためのデフォルトのIPアドレスは、192.168.100.168 となっています。