ネットワーク接続された PC 上で、NDI KVM機能 や LivePanel の機能を利用することで操作できるほか、外部のデバイス (例:SKAARHOJ 社 Wave Board) 等を利用することで作業を分けて操作することが可能です。