ストリームとレコード機能は同時に利用できます。ただし、同時に配信や録画を行えるチャンネル数には制限がありますので、設定を行う際のチャンネル数は最大でも同時 2Ch を超えないようご注意ください。