Newtekカスタマーサポートは、トラブルシューティングの一環として、コアアップデートが必要であることをアドバイスすることがあります。 この処理は、NewTekソフトウェアとビデオとオーディオ入出力用のNewTekハードウェアとの通信に関連しています。

Core Update(コアアップデート)は以下のような手順で実施します
(実施に使用するファイルの場所はシステムによって異なります):

下部に記載されているCore Updateファイルの場所を確認して実行してください。

1) Updateforce_shutdownという名前の.batファイルを実行(ダブルクリック)します。

2) コマンドプロンプトが開き、コアアップデートの処理が開始され、処理が完了するとプロンプト画面が閉じます。

3) システムが自動的にシャットダウンされます。シャットダウンされないようであれば、電源を切り、5分程度時間をおいてください。

4) システムを再起動し、ソフトウェアを再度開いて、必要であれば動作テストを行ってください。もしお持ちの問題が解決されない場合には、テクニカルサポートへご連絡ください。

Core Updateファイルの場所:

Standard Edition、Advanced Edition 2: C:\TriCaster\Drivers\WDF\Core

TC2Elite、TC1、Advanced Edition 3: C:\Program Files\NewTek\TriCaster\Drivers\WDF\Core

VMC1: C:\Program Files\NewTek\VMC1\Drivers\WDF\Core

TalkShow 100、4000: C:\Program Files\NewTek\NewTek TalkShow\Drivers\WDF\Core

Media DS: C:\Program Files\NewTek\MDS1\Bin64\Drivers\WDF\Core

3Play 4800、3p1: C:\3Play\Drivers\WDF\Core

*NC1 I/Oにはコアアップデートのオプションはありません。