• Skypeのツールバーやマウスカーソル、広告、呼び出しのウィンドウなどが表示される危険性がなくなります。
  • 回線の帯域が狭くなった場合、画像が構成できないような乱れた映像を流さずに、静止画に自動的に切り替わります。これにより、音声を途切れないように保つことも可能です。
  • Skype受信後に、TalkShow側で映像の色調整、音声の微調整やイコライザの利用ができます。
  • PC出力からSDIへの変換など、コンバータが必要ないので遅延量を最小限に抑えることができます
  • ゲンロック入力があります。
  • 中継先へのトークバック機能が付属します。
  • SDI入力があるので、ウェブカムではなく、スタジオ側にあるSDI機器からの映像を直接Skypeで送り戻せます。
  • XLRでの入出力が可能となります。
  • 接続している映像の解像度やデータ量などを常に監視、観察することができます。