LiveMedia Server NDI

LiveMedia Server NDI | LiveTally Box |

利用可能なライセンス| システム要件| 本製品の同梱物| 体験版| よくある質問| ご購入先|


LiveMedia Server NDIは、NewTek NDIテクノロジーを使用した初めてのソフトウェアデュアルチャンネルHDビデオプレーヤー/レコーダーです。イーサネットLANに接続されているWindows PCへとインストールが可能であり、2系統のNDIビデオストリームを、ほとんどの業界標準コーデックおよびファイル形式で同時に録画および再生することができます。


LiveMedia Server NDI 体験版はこちら


好きな場所 好きな時間に 好きなものを配信可能

LMS-NDIを使用すると、専用の録画・再生機器を使用することなく、ローカルネットワーク上のPCからマルチコーデッククリッププレイリストを作成してIP経由で映像や音声を配信することが可能です。統合されたプレイリストエディタは、主要な業界標準のファイル形式とコーデック(AppleProRes、DNxHD、DV、DVCPRO HD、FLV、GXF、MP4、MPEG PS / TS、MXF、QUICKTIME、XDCAM、その他、同一配信リスト内にある多くのコーデック)をサポートしています。LMS-NDIは、事前にトランスコーディングすることなく、遅延を発生させずにネットワーク全体で利用可能なNDIストリームをリアルタイムにプレイリストを読み込みます。さらに、各プレイリストは、LMS-NDIに組み込まれているスケジューラにより、特定の日付、時刻、繰り返し設定を基に再生することができます。

LiveXpert Tutorial
How to create Playlists in LiveMedia Server
YouTube

 


多地点同時放送

LMS-NDI は、NewTek NDI ビデオモニターとNDI Connect/Connect Proにぴったりな組み合わせのソフトウェアであり、遅延することなく大画面やビデオプロジェクトにコンテンツを表示したり、配信することができます。どのNDI準拠のアプリケーションも、LMS-NDI で配信されるプレイリストへと接続可能です。例えば、LMS-NDI の各チャネルはvMix社製ソフトウェアのソースにもなります。



TriCasterのメディアプレーヤーに追加

NewTek TriCaster と同じLAN 上へ、LMS-NDI をインストールしているPC を接続すると、LMS-NDI は NDI 出力によりネットワーク経由で認識され、TriCaster に対して2つのメディアプレーヤーを追加できます。

Apple ProRes、DNxHDファイル、およびLMS-NDI でサポートされているすべてのファイル形式を、トランスコーディングなしですぐさま読み込めるようになります。

また、STOPおよびPLAYコマンドに基づいてTriCasterの入力を自動的に切り替えることが可能です。


必要な場所 必要な時間に 必要なものを配信


LMS-NDI ソフトウェアを使えば、トランスコーディングやコピーに時間を無駄に費やすことなく、必要なPC上にお望みの形式で直接録画することができます。

キャプチャした直後に録画したファイルを編集する必要がある場合は、編集用PCにLMS-NDIライセンスをインストールし、目的のNDIストリームとコーデックを選択してください。そうすれば、録画が終了すると同時に、すぐに編集を開始することができます。 LMS-NDI を使えば、Apple ProRes、DV/DVCPRO-HD、DNxHD、H264、MPEG1/2/4など、多数のコーデックをサポートする録音プロファイルを編集できます。また、NDIストリーム上に流れるアルファチャンネル付きのQuickTime Animationもサポートしています。LMS-NDI は、最大2つの同時録音チャンネルをサポートできます。


NDIR対応マルチチャンネルおよびマルチフォーマットレコーダー

スイッチャーに接続されているのがソースであっても出力であっても、LMS-NDI ではTriCasterによって生成される各NDIストリームを録画することが可能です。またチャンネルごとに様々な録音プロファイルが選択可能です。 1つのチャンネルで録画されるクリップは他のチャンネル上で編集したり、またはリプレイすることができます。NDI内の録画映像の一部として再配信したり、再配信に対して遅延を設定することも可能です。



プレビューチャンネルとクリップトリムツール

各LMS-NDI ライセンスにはLiveTrim編集ツールが付属しており、配信リストに登録する前にビデオクリップの入出力ポイントを編集することができます。分割、サブクリップの作成、クロップ、アスペクト比の管理など、多くの機能が組み込まれています。

またLMS-NDI では、追加のプレビュー画面を開いてプレーヤーとは別にプレイリストを準備し、他のチャンネルをNDI出力再生またはレコードしながら同時に使用することもできます。すべての編集機能が利用可能で、プレビューはオーディオモニタリングを備えたグラフィックインターフェイスで行われます。




人間工学に基づいたコンソールサポート

LMS-NDI は、オプションのジョグシャトル外部コンソールであるShuttlePro V2およびSloMo-Miniと互換性があります。

これらデバイスの機能は、GPI、VDCPプロトコル、Sony RS422でも制御可能です。




利用可能なライセンス

LMS-NDI
2チャンネル:各チャンネルでそれぞれモードの切り替えを行い再生や録画が可能です。

録画機能は接続している機器や選択したコーデックに依存します。


システム要件

必須動作環境
  • Core i7 プロセッサ, 実装メモリ(RAM) 16GB
  • Windows 10 以上
  • ギガビット・イーサネットポート
  • 内蔵ドライブ2TB または SAN 、NASストレージ
  • USBポート

マルチチャンネルで録画する際のパフォーマンスは、使用するコンピュータのスペックに依存します。

サポートしているコーデック
MPEG1/2/4, Cuda H264, Quicksync H264, Apple ProRes, DNxHD, DV/DVCPRO-HD, FLV/Sorenson, HuffYUV, MJPEG, WMV, JPEG2000, Theora, Lossless JPEG, Quicktime Animation
サポートしているフォーマット
MPEG PS, MPEG TS, MP4, MOV, XDCAM, MXF, MXF D-10, GXF, DV, FLV, DVD Video, ASF, iPod MP4, AVI, MKV, WebM, MP3, AC3, AAC, WAV Time code rp188-vitc, rp188-vitc2, rp188-ltc, vitc,vitc-2

録画する動画の保存先として、内蔵ハードディスク、USB 3.0で接続した外付けハードディスク、ネットワークストレージ(NAS、SAN)を指定することができます。


本製品の同梱物

  • LiveMedia Server NDI インストーラー(※ダウンロードでご提供いたします)
  • 日本語マニュアル(PDF)
  • 日本語インストールマニュアル(PDF)
  • ドングル(※別途送付いたします)

体験版

LiveMedia Server NDIの体験版をダウンロードしてご利用いただけます。

体験版制限事項
  • NDIへ出力することができません。
  • 「SETTINGS」(設定)でいくつかの項目を使用することができません。


LiveMedia Server NDI 体験版(395MB)

体験版インストール手順
  1. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。
  2. 「LiveMediaSetup.exe」ファイルをダブルクリックし、インストールウィザードを起動します。
  3. インストールウィザードの指示にしたがってインストールします。

よくある質問


ご購入先