3Play

3Play3Play 48003Play 440 |3Play Mini |機能比較 |販売代理店


マルチチャンネルHD/SDスローモーション再生

3PLAY

ハイデフニッション リプレイ・スローモーションシステム

NewTek社の3PLAYを利用することで、ハイデフニッションのスローモーションリプレイを簡単に実現することができるようになります。
3Playは、プロ・アマ問わず様々なスポーツ番組制作現場で、マルチチャンネル HD/SD映像リプレイ・スロー再生システムとして利用されています。マルチカメラを同時収録可能とする3Playは、スポーツ番組におけるテレビ品質の演出、さらには、ビデオ判定などにも利用することができます。


3Play 4800 / 3Play 440

  • IsoCorder マルチトラックレコーディングテクノロジーにより8系統(3Play 440は4系統)までのライブ映像を同時収録
  • 2チャンネルの独立したプレイリストからのリプレイとスロー再生
  • 2系統の映像を同時再生させながら高度なビジュアルエフェクトを利用したライブでのリプレイスイッチング
  • メタデータを利用したコンテンツ管理とプレイリストの作成
  • 複数の解像度の映像を混在させた状態で利用が可能
  • ソーシャルメディアパブリッシング機能


3Play Mini

  • 4 系統までのHDMI入力に対応し、2系統のHDMI出力が可能
  • コンパクトサイズの筐体でどこへでも持ち運び可能
  • 本体に内蔵のケースモニターで出力信号の確認が可能

機能と特長

  • 複数のビデオストリーム(映像入力)をモニター上に同時に表示させながら、同期を保ったままハードディスクへとキャプチャー(レコーディング)することができます。
  • レコーディングの開始と同時に、きれいに補完されたスローモーション映像をリプレイ再生することができます。レコーディングを停止することなく、再生が可能です。
  • 収録された映像を色つきでリスト管理することが可能で、たとえばチームやプレーヤー、ゲームのピリオド、ハイライトシーンごとに分けておくことができます。
  • 視聴者が複数のカメラアングルからの映像をしっかりと確認できるように、再生スピードをリアルタイムにコントロールしながらのリプレイが可能。
  • 1080iや720pのHD映像と、16:9、もしくは4:3のコンポーネントやY/C、コンポジットといったSD映像のリプレイが可能。
  • NTSC、PALの映像方式に対応
  • 専用のコントローラが付属するため、キーボードやマウス操作なしにハイライトシーンのマークイン、マークアウト、カメラアングルの切り替え、スローモーションコントロールが簡単に行えます。

3PLAYインターフェイス
1. リプレイ用インターフェイス。HDやSDカメラを接続し、レコーディングや再生、クリップのマーキング、プレイリストの作成を行います。

2. ライブデスクトップモニター。マルチカメラの入力をインタラクティブに表示します。

3. アウトプットモニター。クリップの頭出しやイン点、アウト点の設定をおこなったり、再生、出力している映像を確認することができます。再生速度などの情報も合わせて表示されます。

4. ワンボタンレコーディング。クリックするだけで入力チャンネルすべてのレコーディングを開始、停止することができます。

5. クリップリスト。レコーディングされたすべてのクリップにすばやくアクセスし、即座に再生を行うことができます。

6. プレイリスト。ハイライトシーンを並べて再生速度やクリップ間のクロスフェードの時間などを設定することができます。

7. インタラクティブダッシュボード。コントローラを利用した操作をインターフェイス上からも行うことができます。


3Play Series

3Play 4800

ワールドクラス・スポーツプロダクション、8入力2出力のインスタントリプレイ再生を実現

製品紹介

3Play 440

4入力2出力対応、リプレイ、スロー再生、ビデオ判定にも利用可能

製品紹介

3Play Mini

どこへでも持ち運び、設置、簡単にキャプチャーとリプレイを実現

製品紹介