TalkShow VS 4000

TalkShow | TalkShow VS-4000 | TalkShow VS-100 | 機能比較 | 販売代理店 | 製品カタログ

特長機能スペックシステム構成例

TalkShow VS-4000

product-talkshow-vs400-monitor

NewTek社のTalkShow VS4000は、Skype経由でマルチチャンネルのビデオ電話を即座につなぎ、ライブでオンライン対話が行えます。Skype経由で各国にいる番組ゲストにリーチできることで、場所に関係なく、リアルタイムで複数のゲスト間で繰り広げられる討論会やインタビュー番組が実現できます。 本システムはSkype TX4の特長を活かすことで、従来よりも柔軟性および拡張性を持った、マルチスタジオと同じグレードのSkypeビデオ通話を、放送ワークフローに組み込めます。

TalkShow VS 4000は、1RUラックマウント式の筐体に4 系統の入出力を装備し、従来のSDIおよびNewTek ネットワークデバイスインターフェイス(NDI)テクノロジーを使ってIPビデオワークフローに組み込めるシステムです。 また、それぞれの通話管理と技術的な設定が行える単体のコントロール・インターフェイスを持っています。 TalkShow VS 4000には、プロセスアンプ、ホワイトバランス、高度な色設定と自動色補正、ゲイン、グラフィックイコライザー、コンプレッサー / リミッター、ノイズゲートといった、放送事業環境に対応できる機能を装備しています。

  • 放送スタジオ向けビデオ通話サービス「Skype TX 4」に対応
  • Skypeが利用可能な様々なデバイスからの映像が取り込み可能
  • スタジオのスイッチャーと組み合わせて、遠隔地のレポーターとスタジオMCでライブ中継が可能
  • 1RU ラックマウントシステム
  • 4チャンネル(入力4、出力4) HD-SDIコネクタを装備
  • プロフェッショナルXLRおよびSDIエンベデッドオーディオに対応
  • プロオーディオツール、オートカラー、proc ampコントロールに対応
  • TriCasterなどの映像制作・配信システムで映像取込・編集可能
  • プレビュー用のディスプレイを組み込み、タリー表示をサポート

■通常のSkype通話を放送用の映像に
アスペクト比自動変換機能やバランスオーディオをサポートしているため、スキャンコンバータが必要ありません。

■複数のSkype同時通話が可能
Skypeをサポートしている機器でSkypeサインアップしているユーザーであれば、同時に4箇所までつなげることができます。

■スクリーン上の不要な情報を除去
通常のSkypeソフトウェアとは違い、管理ツールによって対面通話とポップアップ表示される広告等の情報とを別々に取り扱います。

■1RU ラックマウント型デバイス
放送スタジオ品質の素材をあらゆるプロダクションスイッチャーへHD-SDIで入出力できます。

■映像制作ツール
プロセスアンプコントロールや自動カラーコレクション機能により、照明環境に合わせて画像調整を行い、より高品質な通話映像を用意できます。

■オーディオ品質の向上
SDIエンベデッドオーディオやコンプレッサ、リミッター、グラフィクスイコライザを利用し、通話ボリュームを一定に保ったり、オーディオのクリッピングを防ぎます。

■ビデオ品質のチェック機能を内蔵
映像を伝送する帯域が、オペレータが予め設定した値を下回った場合には、任意の静止画を表示します。

製品スペック

ビデオ入力 HD-SDI(エンベデッドオーディオサポート)×4
ビデオ出力 HD-SDI(エンベデッドオーディオサポート)×4
オーディオ入力 エンベデッドSDIオーディオ×4
Balanced XLR(Line)×2
オーディオ出力 エンベデッドSDIオーディオ×4
Balanced XLR(Line)×2
AirSend入出力 NewTek ネットワークデバイスインターフェース(NDI)テクノロジーを統合し、TalkShowとNDIをサポートしているシステム間で、A/V入力信号と出力信号のネットワーク伝送を可能に
サポートシステムにはTriCaster、3Play、そして動作確認されたサードパーティのパートナーソリューションを含む
Dante オーディオネットワーキング Danteオーディオサポートを統合し、Audinate社のDanteネットワーク・プロトコルを利用することで、他のオーディオ機器との接続が可能
ビデオイフェクト管理 ホワイトバランス、プロセスアンプコントロールや自動色調整機能を利用して、入出力ビデオ信号のカラーコレクションをサポート
オーディオイフェクト管理 ゲイン制御、7バンドイコライザーとコンプレッサー/リミッター機能により、入出力オーディオ信号の調整が可能
トーク・バック ヘッドセットを通じオペレータと通話者の間で、直接またはオフエアでの通信をサポート
通話マネジメント 1台のユニットでSkype TX 4の通話管理を行うために、USB接続が可能なマウスとキーボードが必要(標準で付属)
ローカル・モニタリング ユーザインターフェースディスプレイを接続するためのDVI、およびHDMIモニタポート
ローカルオーディオモニタリングのためのステレオ1/4 "フォンジャック
タリー機能を持つ、フロントパネルRGBビデオプレビュー画面
ユーザーインターフェース内での、フルモーション表示可能な入出力ビデオプレビュー
dBFS、DBU、dBVUの単位で表示可能なオーディオVUメーター
ウオーターマーク 出力映像にSkypeロゴの透かしを表示する機能をサポート
タリー ハードウェアのHD15 GPI端子からのタリー信号と、NewTek社AirSend機能を利用たネットワークタリー経由でのタリー表示をサポート
リターン信号にカスタマイズでタリーオーバーレイを表示するためのオプション機能
GPI HD15 GPI コネクタ
リファレンス SD(Bi-level)またはHD(Tri-level)のリファレンス信号をサポートするゲンロック入力
ソフトウェア Windows 10 OS、Skype TX 4、TalkShowコントロールソフトウェア
CPU 4th Generation i7 Quad-Core
グラフィックス Intel HD4600 GPU
メモリ 8GB
ストレージ 128GB SSD
プロセッシング ビデオ:4:4:4:4、32ビットフローティングポイント
オーディオ:4チャンネル、96kHz、32ビットフローティングポイント
ネットワーク デュアルギガビットイーサネットNICをサポート
Skype TX通話伝送、サポートシステム、Danteオーディオネットワーク、ローカルネットワークトラフィック間のAirSendシグナルに対応
フェイルセーフ 複数の階層でのフェイルセーフシステム
オペレータが設定したプリセットを下回った時に、通話者の静止画像と音声だけの伝送に切り替える自動フェイルオバー機能を搭載
システム全体のレストア機能
筐体 1RUラックマウント、180W電源搭載 (外部110 - 220V、内部12V)
48.3 x 4.5 x 42.5cm (19.0 x 1.75 x 16.75 inch) ラック接続部含む
6.8 kg(15lbs)

※ 記載の内容は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。
※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。

talkshow-vs-4000-workflow