TriCaster® TC1

NewTek VMC1 | TriCaster TC1 | TC1バンドル製品 | ソフトウェア V.7-1 | コントロールパネル | StudioI/O拡張モジュール | オプション | 機能比較 | 販売代理店 |


TriCaster® TC1について

4K UHD対応のTriCaster® TC1は、
長年革新を続けてきたTriCasterシリーズの集大成です。

 

TriCaster® TC1は、TriCasterシリーズとして初めて4K UHDをサポート(*1)したライブ・プロダクションシステムです。また、TriCaster TC1は、これまでのTriCasterシリーズに搭載されるライブストリーミング、レコーディング、グラフィックス、バーチャルセット、ソーシャルメディアパブリッシングなどといったライブ番組制作には欠かせない様々な機能やワークフローを、プロデューサー目線で更なるブラッシュアップが加えられたTriCasterシリーズの最上位機種となります。

TriCaster TC1は、これまでのTriCasterシリーズの操作性や機能面を損なうことなく、最大4K UHD 60pのフォーマット(*1)に対応した外部16入力チャンネルのライブ・プロダクションシステムです。TriCaster TC1は、NewTek社によって開発されたIP伝送方式NDI®テクノロジーにフル対応することで、1台のシステムでベースバンドとIP利用における両方をサポートするライブ・プロダクションワークフローの構築を可能とします。さらには、Skype TXテクノロジーを実装したことで、遠隔地から送られてくるSkype通話ビデオチャンネルを、ライブ番組の入力ソースとして追加することも可能となります。

備考:
※1. TriCaster TC1に4K UHDの映像ソースを入力するためには、オプションモジュール「NC1 Studio I/O Module」、または、オプションソフトウェア「Connect Pro」を使用して、ネットワーク経由にて割り当てる必要があります。また、TriCaster TC1の3G-SDI QuadLink より、4K UHDの映像ソースを1系統のみ出力することができます。

TriCaster® TC1の主な機能

・ HD、3G、4K UHD 60p でのスイッチングとストリーミング、レコーディング
・ 機能と柔軟性を最大限に引き出すためにソフトウェアベースでの処理を実現
・ 様々なカメラに対応し、16外部入力と4M/Eを含むマルチソースのビデオミキシングが可能
・ Skype TXを内蔵し、放送レベルのビデオ通話を2チャンネルまで取り込み可能
・ ハードウェアの追加なしに、ビデオの再生、リプレイ、編集が可能
・ マルチチャンネルISOレコーディング機能により、フル解像度でQuickTimeやH.264の収録が可能
・ 2チャンネル同時ライブストリーミング配信に対応
・ Facebook、LinkedIn、Twitter、YouTubeなどのソーシャルメディアに対応
・ 自動実行機能やマクロコマンドの利用と多くのコントロールオプションを搭載
・ 複数のオーディオコントロールとオーディオルーティング機能
・ タイトル機能やトランジション、クロマキー合成、ライブバーチャルセットを搭載


TriCaster® TC1

[/su_column]