DDRに追加したクリップの再生がスムーズに行われなかったり、途中で止まってしまう場合にはいくつかの理由があります。

・映像クリップのフォーマットを確認してください。特殊なコーデックで保存されている場合、デコードがうまくできなく、再生に問題が発生することがあります。Mpeg2やQuickTimeフォーマットで保存しなおすか、TriCasterのImport機能を利用して、Transcodeにチェックを入れた状態でファイルのインポートを行ってみてください。

・DDR内にハードディスクから削除したアイテムがリストされていないかご確認ください。このようなアイテムは、アイコンがグレーアウトした状態で表示されていますので、DDRのリストから削除してください。

・ファイル名やファイルが入っているフォルダ名に記号などを利用している場合、ファイルの読み込みが正常に行えない場合があります。記号、または日本語が入っている場合には、半角英文字にファイル名を変更してからお試しください。